青汁をおすすめランキングから選んでみた

オーブンシート(クッキングシート)苦くてマズイというイメージは既に遠い過去のものになってきた青汁ですが、最近は非常に種類も増えてきておりどの商品が良いのか選ぶのも一苦労です。青汁の原材料と言えばケールや大麦若葉が一般的です。ケールは昔から使われている物で、マズイというイメージがあるのもこれです。

しかし、栄養価は非常に高くカロテンやビタミンC、カルシウムなどが多く含まれており、その栄養価の高さが人気で、おすすめの青汁比較ランキングなら上位に入るケールを使った商品が根強く人気があります。マズイと言っても、最近ではレモンを配合したりサポート材料を混ぜる事で飲みやすさも以前と比べて格段に上がっています。

大麦若葉は近年の主流になっている原材料です。ケールと違って飲みやすいので、苦くてマズくて飲めないというネガティブなイメージを持っていた人でも続けやすい物が多いです。おすすめランキングなどにおいても、上位は大麦若葉を主原材料にしている商品が非常に多くなってきています。大麦若葉も栄養価は高く、各種ビタミンやミネラルも豊富に含まれており、食物繊維も豊富に含まれています。

青汁というものは、基本的に粉末になっているものを水や牛乳などで溶かして飲む物が多いのですが、飲みやすくなってきたといってもやはり苦手と言う人も多く、そういった人用に最近人気になってきている錠剤タイプの青汁も売られています。もはや汁ではないのですが、同じ様な成分を錠剤にしているので味がどうしても駄目な人には人気です。